ホーム » コンセプト

コンセプト

コンセプト 桧家住宅のおうちは「省エネECOハウス」

人にやさしい家

健康な建物が、住む人をやさしく包み込む。

桧家住宅のコンセプトは「省エネECOハウス」です。
「省エネECOハウス」は夏涼しく、冬あたたかい快適な室内環境を実現する高気密・高断熱の家。桧家住宅のおうちは、新しい形の断熱材「アクアフォーム」は接着性が高く、吹き付けるだけで隙間ができにくい為、年間を通して快適な室内環境を維持する事が可能です。また、気密・断熱性が高くなる事で計画的な換気が可能となり、アレルギーなどの原因とされる花粉やハウスダストを効率よく排除します。

おサイフにやさしい家

家庭内の消費エネルギーを削減しつつ、効率的な電力使用が省エネ・省コストにつながる。

桧家住宅の「省エネECOハウス」は、隙間のない構造で冷暖房の熱ロスが少なく、今までの一般的な住宅に比べ大幅な消費エネルギーを抑えられます。また、生活で利用するエネルギーを全て電気で賄う「オール電化」にすることで、効率よく消費コストをカットしCO2の削減を実現します。さらに、火を利用しないことで火災の心配もなく、お子様からお年寄りまで安心して暮らしていただけます。人にやさしく、年間光熱費も下げる、それが「省エネECOハウス」です。

高気密・高断熱だから冷暖房費を減らせて家計もCO2も大幅削減。高い断熱・気密性能を発揮。冷暖房費が、年間約7.7万円(約30%)の節約につながります。

地球にやさしい家

消費エネルギーを削減し、永く愛される家。つまり、住むことがECOにつながる。

私たちが暮らす地球を美しいまま、未来の子供たちに受け渡していくこと。家づくりを通して環境に貢献していくことが大切だと考え、「省エネECOハウス」は誕生しました。住まいづくりの中心となる「木」の家は他の素材の家と比べても建築時のCO2排出量は低レベル。また、木の持つ調湿作用や森林浴効果は、心地よい住環境と安らぎを与えます。高い機能性を持った「木」を大切な資源ととらえ、次世代の人々へバトンを受け渡していくことが、私たちの住まいづくりの使命だと考えます。

このページの先頭へ